<< 「幹事長として頑張れ」「国民へ説明を」=小沢氏聴取控え閣僚から発言(時事通信) | main | 地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.23 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)

 加齢で減る脳の神経細胞の基が、運動によって再び活発に作られるようになることを、東京大の久恒(ひさつね)辰博准教授(脳科学)と大学院生の伊藤佳絵さんのチームが動物実験で突き止めた。19日発行の米専門誌ヒポキャンパス=海馬(かいば)=電子版に発表した。

 チームは、記憶や学習など認知機能をつかさどる「海馬」という部分に注目。人なら高齢者に当たる2歳以上のマウスを使い、海馬の神経細胞の基になる幹細胞を調べた。

 その結果、自由に走ることのできる環境で飼育したマウスは、十分運動できなかったマウスに比べて、幹細胞の増殖率は2.4倍高いことが分かった。また、運動する代わりに認知症治療薬アリセプトを投与すると、未投与のマウスに比べ3倍以上活発になることも突き止めた。

 アリセプトは、神経伝達物質アセチルコリンを保護する働きがある。チームは、アセチルコリンが運動で活発に分泌され、幹細胞の増殖を促していると結論付けた。

 久恒准教授は「運動が認知症治療薬と同様の役割を果たしている。人に同じ仕組みがあると考えられ、認知症対策に運動を取り入れる有効性が示されたのではないか」と話す。【元村有希子】

<上越新幹線>最大52分の遅れ 長岡−燕三条間で停電(毎日新聞)
神社撤去…信教の自由脅かす 最高裁、バランス判断 差し戻しは“配慮”(産経新聞)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
橋下知事がベトナム主席と会談、友好強化訴え(読売新聞)
<星雲>5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2011.05.23 Monday
  • -
  • 06:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
パチンコ攻略
情報商材レビュー
副業
債務整理無料相談
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
借金整理
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • くれじっと現金化と買取屋
    カナ (08/30)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    リンデル (01/16)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    カドルト (01/11)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    ソルバルウ (01/04)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    リョータ (12/25)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    ポリエモン (12/21)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    機関棒 (11/27)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    れもんサワー (11/21)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    ぱたぱた (11/07)
  • 首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
    土屋浩平 (11/01)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM